冷蔵庫_2

 

氷の出来具合が少ないなあと思っていたら、

そのうち、全然、氷ができなくなってしまったのね。

取り説を見ながら、あちこち弄り回したけれど、

まったくできなくなってしまって・・・・。

買い求めた、量販店に電話したら、

「具合を観にいきます」って返事をしてくれたわ。

翌日になって、頼もしそうな男性が冷蔵庫を点検してくれた。

解体したら、冷凍室の後ろ側に、

ビッシリと氷が張り付いていたのね

「おお〜っすごいことになってる」

その氷を、割ったりドライヤーで溶かしたり、

デモね、何かの部品を取り替えなくては

また同じようになってしまうみたいだったわ。

「買って半年なのにねえ」と思わず言ってしまったのよね

そしたら、部品を取替えに、一週間後に

またきますていったのよね。

は〜不良品だったのかなぁと思ってしまったのよねぇ。

そしてね

一週間後・・・電話があったのね。

「あの、部品が、もうないもので部品の取替えが出来ません」

「えっそれじゃ、度々あんなふうに氷を溶かすの」と聴いたらば・・・・・。

「それで、新しいのとお取替えします」と言ったわ。

「えっ新しいのと?」

「近いうちにお届けします」ヽ(^。^)ノ

そんなわけでね、

新品の、2006年製の 発売されたばかりの

冷蔵庫が届いたのね。

ドアをポンと押すと、ヒラリーンって、

ドアが開いちゃうのね。

思わず「優れものねえ」って言ってしまったわ。

なんか、とっても得した気分なのよね。

でもね

あまり、優れもの過ぎると、かえって壊れやすいのかな?

なんて、余計な心配をしてしまったまあちゃなのでした。

 

2006.06.15