花子ちゃん

 

花子ちゃんが、我が家へきて、半年以上が過ぎたわ、

大きくなるのって早いのねえ、無事に半年過ぎてくれたわ。

このまま。元気にズット傍にいて欲しい・・・・。

yukioにばかりなついて、いつも後ばかりついて回っているのよね。

足に纏わりつくから、踏み潰されるのじゃないかと。

心配でしょうがないのよね。

まあちゃが近づくと、さーーーっと逃げていくのよねぇ。

餌をやるのも、トイレを綺麗にするのもyukioなのだから、

一番大切な人って、思っているんだろうねえ。

でもね、花子に言ってやったわ。

「美味しいエサを買って来るのはワタシなんだからね・・ブスッ」って、

でもね、

yukioがいないときは、まあちゃに擦り寄ってきて、

遊んでもらいたいみたいだから、取り合えず可愛いかなあ。

あのね

花子は、いつもいつも、網戸越しから空を眺めていて、

外にあこがれているみたいだったわ。

そして

昨日ね、花子がペランダへ脱走したの・・・・・。

「あっ」というyukioの声がして、黒い影がペランダを走って

台所のほうへ行ったわ。ささささーーーって走りながら

大声で泣いているのよね。

丁度ペランダに居たまあちゃは、

花子の後をそっと追いかけたのね。

そしたらね、大声で泣きながら、台所の網戸に手をかけて

中へ向かって、泣いていたわ。

まるで、「おとうさぁ〜んおとあさぁ〜ん」って、

言ってるみたいだったのよね。

だから、「花子ちゃん」って、そっと抱き上げたら、

しがみついてきたわ。

可愛かったよん。

脱走はしたものの、空気の違い、さえぎるものが無い怖さが

あったみたいねえ。

「ダメよおんもは怖いよ、おっかない伯父さんが一杯居るんだからね」って

花子に言ったのよね。

でもね、

これから、注意しないと、大脱走キットすると思うわ。

箱入り娘で育てなくちゃね(*^_^*)