囲碁へ

 

福祉センターまで、歩いて15分。

昨日、二人で福祉センターへ行ってみたのね。

以前の仕事仲間が、

「あっお久しぶり〜」って声を掛けてくれたわ(*^。^*)

「囲碁クラブのこと知りたくて、来たのだけれど」と言ったら。

「馬場さんが、会長さんでやっているから聴いてみてください」と言った。

囲碁をやっている部屋へ行くと、20人ほどの人たちが

向かい合って真剣に打っていたわ。

し〜んって音が、聞こえるような静かな部屋だったのね。

馬場さんは、役所に居た頃の上司だったことがある方なのよね。

部下であった頃と同じように優しい語り口だったわ。

「会員になって楽しんでやって行けば良いよ」と言ってくれたのね。

「言葉が不自由だから、メイワクをかけることがあるかも」と言ったら、

「そんなことは気にしないで良いよ」と言ってくれたのです。

そこへ、もう一人、やはり、上司だったKさんが来たのね。

Kさんは・・・・なんていうか、

何時も肩をイカラセテ歩いているような方だったのよね。

「久しぶりだなあ、元気そうじゃんかよ」と言ったの。

そしてね、

「ご主人が言葉が不自由なら

胸に【言葉が話せません】と書いたカードをぶらさげろよ、

オレだったらそうするよ」って言われたの。

なんか、「えっ」って言う感じで・・・・。

部長風を辞めてからも、吹かせている感じだったわ。

Kさんは、そんなことを言って、

お部屋へ戻って行ってしまったのね。

馬場さんが【そんなことする必要はないよ】と小声で言ったわ(*^。^*)

そしてね、

「何段なの?」と、夫に聞いたわ。

そしたら、「2級」っって言うのよ、

「えっ、2段じゃないの?」と聴いたら、

「えっとえっと」なのよね。

だから、2段として打つことにしたのね

馬場さんは5段・・・三子置いて、対戦して、夫の圧勝。

二局目は、2子置いてまたまた勝利。

数ヶ月ぶりに対局して、勝利を得た夫さんは、

ニコニコニコニコだったわ。

満足満足の1日だったみたいなのよね。

 

今日は、一人で歩いて行ったわ。

そして

名前のところに、

【三段】と記入された名簿を持って帰って来たのね。

とってーーーも嬉しそうだったわ。

これから、夫さんのセンター通いが始まります。

どんなふうに、愉しんでくれるのかな?

時々は、一緒に行って、

皆様にメイワクをかけないようにしていかなくてはと思ったのです。

 

2007.05.15(火)